2018年05月19日

カンモンハタ Epinephelus merra

Epinephelus_merra_180519
場所によっては過半数の個体にイカリムシモドキの寄生が見られる(背びれ下2か所、腹びれの付け根1か所の黒くて細長いもの)

「長嶋さん、リーフの釣りは楽しいですよ。魚と水平に引き合うのは、上下に引き合う釣りとは少し違う体験です」−3年前の夏、僕を石垣島への旅行に誘ってくださった首藤さんがそう言った。その首藤さんがくださったご縁をきっかけに僕は石垣島へ移り住むことになり、いま、その言葉の意味を日々実感している。浅いリーフに足を浸けて、水の温度や岩のごろごろを感じながら魚と引き合っていると、自分と相手の魚というふたつの「個」が、同じ土俵でやりとりしているという気がしてくる。地上の人間が水中の魚を釣り上げるという対比ではなく、同じ水中でやりとりする彼我という構図。

そんなリーフの釣りでもっとも見慣れた顔が、このカンモンハタだ。岩場やサンゴの群落があればそこには必ずこの魚がいると言っても過言ではないし、獲物と見れば隠れ家から矢のように飛び出して食いつくので、ルアーが下手でも向こうから針に掛かってきてくれる。正直なところ、もはやカンモンハタという種に対する新鮮な感動はないのだけれど、この魚の面白さは個体変異の大きさにある。体色の濃いもの、薄いもの。網目模様が大ぶりなもの、細やかなもの。ハタとしては小ぶりでせいぜい25センチ前後だけれど、ときおりグンと体高のある立派な体つきのものがいるし、尾びれの先が微妙にギザギザと伸びるものもいる。この個性の多様さは、魚との「個」のやりとりというリーフの釣りの愉しみととても相性がいい。だからグンというアタリの後、大きな口を開けたこの魚がパカリと水面を割ると、またかと心の片隅で思いながらも肖像写真家のような気分で何回もシャッターを切ることになる。


 
posted by uonofu at 11:16| Comment(0) | 魚の譜

2018年03月08日

マタマタ Chelus fimbriatus

Chelus_fimbriatus

熱帯魚店通いにいそしんでいた小学校高学年〜中学生の頃、マタマタが売られているのを時折目にした。熱帯魚店では魚以外に爬虫類や両生類を販売しているところも多かったけれど、それらに興味がなかった僕はマタマタも眼中になかった。ただ「枯葉に擬態している、頭が三角形のじっと動かないカメ」だとしか思っていなかった。そもそも同じ「枯葉に擬態してじっとしてる枠」として我が家にはすでにバンジョーキャットというナマズがおり、その枠に関してはすでにお腹いっぱいでもあった。

それから20年以上が経ち、先日作業のBGMにとドキュメンタリー番組を見ていると、マタマタが取り上げられていた。それで初めてマタマタの顔を知って、にわかにこのカメの魅力に引き込まれてしまった。鼻先の尖った三角形のシルエットからなんとなく悪魔的な顔つきを思い浮かべていたのだけれど、予想に反してえらく可愛らしい顔をしている。この形の頭部につける目や口のデザインとしてはこれこそが最終的な答えだと納得させる、コンパクトにまとまった美しさもある。

そして捕食シーンがさらに良い。舌を疑似餌にするワニガメのようなわかりやすい面白さはなく、マタマタはただひたすらじっと魚の接近を待ち(あるいはじりじりとにじり寄り)、小魚が近づくといきなり口をガバッと広げて魚を吸い込んでしまうのだ。噛み付くのではなく、吸い込む。だからその瞬間、獲物ごと水を吸い込んだ首はパツンと膨れ上がっている。その造形の歪さというか、普通でなさに惹かれるのだ。人でも動物でも、生きる上で身につけた他者に抜きん出た能力や技術、その発露される瞬間の普通でなさには、とても色気がある。


 
posted by uonofu at 21:54| Comment(2) | 魚の譜

2017年10月20日

マハゼ Acanthogobius flavimanus

Acanthogobius_flavimanus_171020

ご依頼いただいてマハゼを描いた。その方にとってマハゼは大切な思い出の魚ということだったのだけれど、僕にとってもまたマハゼは特別な魚だ。二十余年前、僕にも父にも初めての釣りが、福井県は三方五湖でのハゼ釣りだった。その旅行が決まってからというもの、僕は父と一緒に父の会社の「村田さん」に仕掛けの投げ方を教わったり、用具一式は村田さんにいただいているにも関わらず、前から気になっていた近所の釣具屋さんに意を決して飛び込んだりした。

ホテルの裏の小さな桟橋の先が、僕たち父子の初めての釣り場だった。日はとうに暮れて、背にしたホテルの灯りが、桟橋と海面をゆらりと橙色に照らしている。僕は気持ちをはやらせつつ、何度も練習した通りに天秤仕掛けを結び、夜釣りにいいと聞いた青いそめを袖針に刺して海に投げ込んだ。そして竿先につけた目印の黄色い光を、固唾を呑むようにして見つめた。次の瞬間にも、光が振れてハゼの魚信を伝えるかもしれない。そう思ってしばらく体を固くしていたけれど、その時はいっこうに訪れない。

「釣れない雰囲気」というのはあるもので、それを初めて身をもって感じたのがその時だったように思う。僕と父はそのうちすっかり緊張を解いて、背後のホテルの窓の光を眺めながら話をした。確か部屋を出るときにカーテンは閉めてこなかったから、自分たちの部屋はきっとあそこだな、と目星をつけた。竿先の光は結局震えることなく、僕たちは当然の流れで竿を仕舞った。初めての釣りは釣果なし、いわゆる「ボウズ」だったけれど、さほど残念でもなかった。釣りは、初めての海で次の瞬間に期待しながら、その場を感じているだけで気持ちが高揚するものなのだ。それは今も変わっていない。

都市河川にもいるぐらい身近で、いれば簡単に釣れ、釣り味もよく、食味もいい。そんなマハゼはきっと、今回ご依頼くださった方や僕にとってと同じように、いろんな方々の心に大切な思い出を埋め込んでいるんだろう。今度、ハゼを狙って釣りに行こうかという気持ちになった。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 日記

2017年10月13日

カサゴ Sebastiscus marmoratus

Sebastiscus_marmoratus_171013

生き物の絵を描く目的や理由は人それぞれだけれど、僕の場合は「自分に見えているその魚らしさを描き表したい」というのが動機になっている。だから、画業をなりわいとしている今となってはその動機ばかりに従って絵を描くというわけにもいかなくなっているけれど、元はといえば心の中に「その魚らしさ」のイメージができあがっていて、あとはそれを形にしていくというのが僕にとって「魚を描く」ということなのだった。

カサゴは、僕にそんな動機を与えてくれた魚だった。父と僕に釣りを教えてくれた村田さん、彼と初めて一緒に釣りをしたのは大阪・岸和田沖の一文字防波堤で、その日はサビキ釣りでのアジが大漁だった。そしてアジにも少し飽きた頃、餌をつけて沈めてあった父の仕掛けにカサゴが掛かった。村田さんは喜色を浮かべて「ガシラですやんか!これは美味いんですよ」と言った。その一言がなければ、魚の絵描きとしての今の自分はなかったかもしれない。その瞬間からカサゴは僕にとって特別な魚になり、釣り上げるといつもただちに岸和田一文字での憧れと高揚が新鮮なまま心に蘇った。カサゴを飼いたくて海水魚の水槽の設置を両親にねだり、設置して初めての週末に大阪・南港のかもめ大橋下の岸壁沿いで飼いごろサイズのものを釣り上げた。憧れの魚が常に手元にいる、寝ても覚めても!陶製の土管や岩の隙間に身を潜め、キョロキョロと表情豊かにあたりを見渡す小さなカサゴに僕はすっかり夢中で、毎朝登校のために家を出るのが名残惜しいほどだった。

そうして、すべての魚の中でもいちばんと言ってよいほどに、僕の心の中にはカサゴの「らしさ」が刻みつけられた。だからこの魚を描いているとき、僕はただ自分の心の中のカサゴと向き合っている。そしてそんな自分を「僕は僕の思う絵描きだ」と、誇らしく思う。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜

2017年10月06日

アイナメ Hexagrammos otakii

hexagrammos_otakii_171006

アイナメ、というと思い出す風景がある。

20年前の大阪は泉南、貝塚市の人工島。父と週末ごとに海釣りに出ていた頃の、お気に入りの釣り場だった。まだ新しげなコンクリートの白と枯れ草色だけが延々と広がる埋立地にはおよそ人けがなく、当時は何かの用地として工事が予定されている風もなくて、ただ更地であることを目的に作られたかのように無機質で寂しいところだった。異質なのは、そんな中に廃車とも思えない活き活きした車たちがびっしり縦列駐車されていることで、それはつまりそこから15分ほども歩いた先にある突堤にやってきた釣り人たちの車なのだった。

食べられる魚が釣れたとき用、飼える魚が釣れたとき用、餌のエビを生かしておく用の3つのクーラーボックスに、用具一式が入った2つのバッグ、それに竿ケース。大荷物をガラガラに載せて早足に歩き、ようやく突堤にたどり着くとそれまでの人けのなさが嘘のように、釣り人たちが数メートル間隔でズラリと並んで糸を垂れている。そんな中でようやく釣り座を確保したら、あとはあまりウロウロせずに「待ち」の釣りをするのが僕たち父子の流儀なのだった。

潮の動きやマヅメ時を気にしながら、魚のいそうなところを次々探し歩いて釣りをする今にして思えば、限られた釣り座で昼前から夕方までじっと待ちの釣りをしていてよく釣れたものだと思うけれど、その頃の大阪湾はそれなりに魚影が濃かったらしい。退屈しないぐらいには魚が釣れた。そしてこの貝塚人工島は、僕たちが通う釣り場の中ではアイナメの多い場所だった。根に居付く魚らしからぬ棘のない滑らかな手触りと、細かな鱗にのったモザイク模様。それを見ると今でも、あの無機質な風景とたくさんの釣り人たちの姿が、当時の色のままにまぶたに浮かんでくる。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜