2014年08月29日

タイリクバラタナゴ Rhodeus ocellatus ocellatus

Rhodeus ocellatus ocellatus

「血か情か」というのは、文学において(つまり、人間というものを考えるにおいて)永遠のテーマだ。
抗いようのない本質としての血と、絶えず移ろいながら常に心を支配する現象としての情。私の中で見るも無残に単純化された『ロミオとジュリエット』はその葛藤の物語だし、手塚治虫の漫画には異類婚も含めこのモチーフがよく登場する。現実世界でも、新生児の時に産院で取り違えられたまま60年ほども別の家族と共に生きてきた男性がニュースになっていた。文字通り血と情のはざまで、余人には想像もつかない心の揺れを経験されたのだろうと思う。

タイリクバラタナゴは、その「血か情か」の葛藤を人間に突きつける。

かれらは今や悪名高いブラックバスやブルーギルと同じ外来種で、日本の在来種であるニッポンバラタナゴと交雑してタイリクバラタナゴ化させる、というまさに「血の力」で自分たちの勢力を強めている。そのためにニッポンバラタナゴが絶滅の危機に瀕しているというのは、私の幼い頃の記憶によればブラックバスの脅威よりも早くから言われていたことだ。ブラックバスを駆除するのなら、タイリクバラタナゴの血もまた同じように駆逐されるべきものであるに違いない。

しかし同時にこのタイリクバラタナゴは実によく情に訴えかける魚で、ブラックバスのように分かりやすく「悪者」に仕立て上げることができない。見た目は在来のニッポンバラタナゴによく似ていて、日本の川を泳いでいても違和感のない類の美しさだし(これがトロピカルな極彩色ででもあればヨソ者感が出るのだろうけど)、そもそもタナゴという魚自体が今や失われつつある豊かな河川環境のシンボルとして、人によっては郷愁を呼び覚ますものですらある。意識が低いと叱られそうだけれど、私はたとえ外来種であろうとも、タナゴがいてくれる川がそこにあるということに気持ちが満たされてしまう。

ニッポンバラタナゴを絶滅の危機にさらす侵略者の「血」と、かれらが思い起こさせる豊かな自然への憧憬という「情」、そんな人類普遍の葛藤が横たわるのだから、この外来種の問題は一筋縄ではいかない。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜

2014年08月22日

ミナミヌマエビ Neocaridina denticulata denticulata

Neocaridina denticulata denticulata

私が生まれ育ったのは大阪市の端っこの方で、小学校高学年頃まではまだそこここに田んぼがあった。といってもコンクリートとアスファルトに囲まれた田んぼだから生き物はヤゴとボウフラぐらいしかおらず、今森光彦の写真集に出てくるような里山の美しく豊かな水田は憧れだった。

このお盆、妻の祖母が住む岡山の矢掛に帰省して畑の脇を歩いていると、雨で少し水かさを増した側溝に動くものが見えた。目を凝らしてみると小さなエビだった。ミナミヌマエビらしかった。翌日、改めて手網を持って辺りを散策した。側溝の水溜まりをひとすくいすると、色とりどりのミナミヌマエビとミズムシたちがごっそりと網に入った。エビは丸々と太って、抱卵したものがたくさんいた。

畑や田んぼのすぐ脇にエビが棲んでいる、ということが驚きだった。甲殻類は農薬や化学肥料に弱くて、それらが溶け込む水ではなかなか生きていけないからだ。5月、埼玉の北寄りで覗いた水田はミジンコいっぴきいない完全な静寂の世界だったし、農薬漬けになっていることが多いと言われる東南アジアのとある水草を自宅水槽に不用意に導入したせいで、数日のうちにエビをほぼ全滅させてしまったこともある。底にうずくまるエビの頬には、エラにダメージを負ったせいか穴が開いていた。

矢掛でも、化学肥料の袋が無造作に置かれた隣の水路にはエビがいなかった。農薬や化学肥料を無責任に悪く言うことなどできないけれど、動くものがたくさんいる水の眺めは心地が好い。身近に少しずつそんな場所が増えればいいなと思う。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜

2014年08月15日

カサゴ Sebastiscus marmoratus

Sebastiscus marmoratus_140815

20年前、父と私に初めて釣りを教えてくれたのは父の会社の村田さんだった。福井県の三方五湖へ釣り旅行しようという私たち父子のために、村田さんは休みの日にわざわざ家まで来てくれてマンションの駐車場で仕掛けの投げ方を教えてくれたり、竿やリール一式を譲ってくださったりした。三方五湖での釣りは初日がボウズ、翌日がサビキで小サバと小ボラという可もなく不可もない結果だったけれど、魚信を求めて海に釣り糸を垂れるというこの最高に面白い遊びを教えてくれた師匠の村田さんに、私はキラキラとした気持ちで心からなついていた。

だから、その後初めて村田さんと一緒に釣りにいった岸和田沖の一文字防波堤で、父が釣り上げたカサゴに「ガシラですやんか!これは美味いんですよ」と村田さんが喜色を示して以来、私にとってカサゴは特別な魚になった。その日の夜、自宅の玄関でクーラーボックスを開けて、死後硬直した赤黒いカサゴを眺めていた時の満ち足りた気持ちは今でも思い出すことができる。

実際、カサゴはパーフェクトな魚だった。私にとって釣りの目的は第一に魚を眺めて楽しむことで、第二に自宅の水槽で飼える魚を採集すること、そして最後に食べることだったのだけれど、カサゴはそれらすべてを満たしていた。私がもっとも愛用していた胴突き三本針の落とし込み仕掛けに食いついたカサゴは、口とエラとヒレを大きく広げ、尾を反らせた厳めしい姿で海から上がってくる。まずその姿に惚れ惚れしつつ針を外し、バケツに泳がせて今度は背中のJR模様(線路の地図記号のようなまだら模様)を深い満足のため息とともに眺める。その後は自宅の水槽に迎えるべく活かしたまま持ち帰るか、針を呑んでダメージを負っていたらクーラーボックスに入れるか、さもなくば海に還すか。いずれにせよ、カサゴが釣れればその時点で、その日の目的は果たされたも同然だった。

先日、和歌山の海で久しぶりにカサゴを釣って、満たされた気持ちを味わった。その原点を辿ってゆくと、20年前の村田さんの笑顔に懐かしく行き当たった。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜

2014年08月08日

和歌山マリーナシティの魚たち last Saturday's catch

last Saturday's catch
(上段左)スズメダイ Chromis notata (上段右)マアジ Trachurus japonicus
(中段左)ホンベラ Halichoeres tenuispinis (中段右)マダイ Pagrus major
(下段左)ハオコゼ Paracentropogon rubripinnis (下段右)カサゴ Sebastiscus marmoratus


先週末、夜行バス×夜行バスの「二泊一日」で和歌山に旅行した。目当ては和歌山県立自然博物館で開催中の魚の絵の企画展。博物館の近くには海釣り公園があるので、陽が高くなる前に少し釣りをして、午後は博物館で過ごす計画を立てた。

…が、8時半、和歌山駅に着いてみると本降りの雨。予報は曇り時々雨だったので、午後には小降りになることを期待して先に博物館へ行くことに。路線図をくどいぐらいに確認して乗り込んだバスは、しかし、博物館を綺麗に迂回して海釣り公園のある終点マリーナシティに到着した。移動時間の惜しい旅だったので、博物館に戻ることは諦めてそのまま釣り場に向かった。雨具は小さな折り畳み傘だけで、履いていたスリッポンはたちまち中までぐしょ濡れになった。

釣り場には何一つ雨除けになるものがなく、旅行の荷物は全てゴミ袋に入れて口を縛った。胴突仕掛けにオキアミを刺して沈めるとすぐにアタリ。竿を震わせて上がってきたのは、美しい桜色をしたマダイの子だった。次の一投で大きめのカサゴ。その後も絶え間なくアタリがある。種苗放流しているのか、マダイの子が多い。

海水温が高く、釣った魚をぬるいバケツに入れておくとすぐに息づかいが苦しそうになった。慌てて荷物からカメラを取り出して撮影して、魚を海に還して、海水を汲みなおす。片手に傘を持ってずぶ濡れになりながらのそんな慌ただしい釣りだったから、2時間ほど入れ食いが続いても数はせいぜい12,3尾。けれども、20年前に淡路島北淡町の海釣り公園で出会って以来のスズメダイや、初めて釣った美しいホンベラなど、魅力溢れる小魚たちに出会えて心の底から満たされた釣りだった。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜

2014年08月01日

イソギンポ Parablennius yatabei

Parablennius yatabei

20年前、父と私のお気に入りの釣り場は、大阪湾に面した忠岡という町の小さなヨットハーバーだった。河口に突き出した短い堤防は先端でも水深3メートル足らず。混み合うこともあまりない穴場的な場所で、大物はタチウオが回ってくるぐらいだったけど、大阪湾にしては豊富な種類の小魚がよく釣れた。

ここでイソギンポによく遊んでもらった。直下にポチャンと仕掛けを沈めると、竿の先がクンクンと引っ張られる。軽く合わせてリールを巻くと、ブルブルと威勢のいい抵抗も虚しくスポンと上がってくるのがイソギンポだった。鱗の無い体表がぬるりと光って、両生類みたいだ。

大きさは10センチないぐらい。食べると意外においしいらしいけど、見た目がこんなだし小さいから普通は食べようとは思わない。多くの釣り人にとっては紛れもない雑魚なのだけれど、食べるよりも見たり飼ったりすることが目的の私には歓迎すべき相手だった。小さくとも釣り上げるときの手応えはやっぱり心地好いし、丈夫だから水槽で長生きしてくれた。そして見た目がいい。ぷっと弾けたようにいつも半開きな口、きょろきょろと表情豊かな目、腹びれでぐいと踏ん張ったやけに鳩胸な姿勢。この仲間はダイバーの方たちにも人気のようで可愛らしい写真をよく見かけるし、別属ながら見た目の似ているヤエヤマギンポはショップで目にする機会が多い。

この週末、和歌山で少し釣りをしようと思うのだけれど、かれらのような愛らしい雑魚に出会えるだろうか。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜