2014年06月27日

マサバ Scomber japonicus

Scomber japonicus_140627

サバが好きだ。かれらにはいろいろといい思いをさせてもらってきた。

初めての釣りは父と行った福井県の三方五湖。ピクリともアタリの無かった夜釣りの翌朝、近くの漁港で打って変わって入れ食いだったのが小サバだった。まるで柳の葉のように細くて薄い魚体が、オレンジっぽい朝陽を受けて銀色に光る姿がとっても綺麗だった。かれらに出会わなければ、その後父子で数年にわたって釣りに熱中することはなかったかもしれない。

ひところ、兵庫県は武庫川沖の一文字防波堤へよく釣りに行った。わざわざお金を払って船で渡るのだけど、魚影の濃さはその見返りにふさわしかった。夕方、太陽が傾いて海が黒々と陽の光を拒むころになると、海面を埋め尽くすようなサバの大群がバシャバシャと背中を露わに堤防周りに押し寄せてくる。太々と肥えた重たいサバを引きずるようにして釣り上げて、クーラーボックスいっぱいに持ち帰った。滑らかな腹をプクリ、と割いて、よく脂の巻いたはらわたを抜き取り、小骨の切れるプチプチという音を心地好く手に感じながら三枚に卸す。母に教わりながら作るでこぼこの昆布〆は、当時いろいろ挑戦した釣魚料理の中でも一番の味だった。

そうしてサバを好きになって、スーパーの鮮魚コーナーが楽しい場所になった。たいていはサバを置いてあるから、行くたびに背中の虫喰い紋をあれこれ見比べてみる。紋は種によって違うし(流通しているサバには主に3種ある)、同じ種でもけっこうな個体差がある。深みのある青や緑に浮かぶ紋に見入っていると、陶磁器を愛でる愛好家の気持ちすら分かるような気がしてくる。


posted by uonofu at 18:00| Comment(2) | 魚の譜
この記事へのコメント
以前三浦半島の定置網漁のお手伝いをさせていただいた事があります。
メインが鯖だったのですがマサバとゴマサバの選別に苦労しました。
味はかわらないのにゴマサバは価値が低いそうです。
Posted by aloha at 2014年06月30日 10:03
中間的な模様のものもいますよね。
ただ、私の数少ない経験だと、ゴマサバの方が身が少し赤みがかっていて水っぽくて、
火を通すとキシキシした感じになる(脂が少ない)印象があります。
季節や産地にもよるのでしょうけれど。
Posted by uonofu at 2014年07月09日 16:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: