2014年07月25日

スマ Euthynnus affinis

Euthynnus affinis

小学生の頃、釣りの図鑑か何かでこの魚のことを初めて知った。解説には「腹部の斑点からヤイトと呼ばれる」と書かれてあったけど、「ヤイト」が何のことか分からないので、この一文は意味不明だった。辞書で「ヤイト」を調べれば済むはずなのに、それにも思いが至らないほどとにかく意味が分からず、極端に言えば「何かの間違いで書かれた一文なので読む必要がない」というほどの勢いで無視していた記憶がある。後になってお灸のことであると偶然知った。

その頃、母と姉はよく「せんねん灸」を肩にのせて煙を立てており、私は恐ろしいことをするものだと思って遠巻きに眺めていた。あの突き出した部分が徐々に燃えて、火が皮膚に近づいてくる。ギリギリまで熱さに耐えて、皮膚が焼け焦げる直前にあっ!と剥がす。そりゃそんな危なっかしいことをしていれば、少しタイミングを逃しただけでスマの腹のように黒く焼けてしまうだろう、と思っていた。せんねん灸が実際にはまるで物足りないほど熱くないと知ったのは、大学受験のさなかの頃だったように思う。夜更けのシンと静まったリビングで、母がカチリ、とチャッカマンで火を点けて肩にのせてくれた。

スマは決して一般的な魚ではないと思うけれど、先日Yahooトップに「小型マグロ」として養殖に期待、というニュースが出ていた。感覚的にはマグロというよりカツオの仲間だけどな、と思って調べてみると、分類上はサバ科の下にあってマグロ属/カツオ属/スマ属は並列にならんでいるらしい。葛西臨海水族園では、目玉のマグロ水槽の中でクロマグロやカツオとともに泳いでいる。ヤイト模様のおかげで見つけやすい。
とても美味しい魚だと言うけれど、ほとんどすべてが漁獲地周辺で消費されているそうで、大阪でも東京でも見たことがない。ニュースの通りに養殖されて市場に出回るようになるのならそれはとても楽しみなことだ。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: