2014年11月28日

ズワイガニ Chionoecetes opilio

Chionoecetes opilio
「香箱ガニ」こと、メスのズワイガニ(茹でられたもの)

とあるご縁があって、石川の香箱ガニをいただいた。

香箱ガニはメスのズワイガニ。腹部にわんさと卵(外子と呼ばれる)を抱えており、甲羅を剥がすと中には未成熟卵(内子)が詰まっている。そんな母ガニを食べようというわけだから当然、資源保護の観点から漁期は短く制限されていて、貴重な冬の味覚とされている。

香箱ガニといって思い出すのは2年前の金沢旅行のことだ。
ちょうどこの時期のことで、旅館の夕食には香箱ガニが出た。しかし恥ずかしながらそんな貴重なものとは知らず、ただ卵を持った小ぶりのカニとしか思わなかった。確かに内子とミソはまったりと濃厚でとても美味しかったけれど、「このプチプチの卵、食べるもんなの?なんかヒゲみたいなのにしっかりくっついてるけど…」だの「脚細いから身ほじくるの難しいな」だのといった、今思えば板長にもカニにも、ひいては石川県の皆さんにも申し訳ないような斜に構えた見方だった。(ただ、そこには「高っかい旅館やのにじゃらんで見てたのと全然違うし、なんで仲居さんフランクなタメ口なの!?」という怒りと落胆の伏線があったのだけれど。)翌日になって市場で香箱ガニを見てようやくその価値を知ったけど、後の祭りだった。

今回いただいたのは贅沢にも8杯。同封していただいたさばき方のしおりを見ながら、バリバリと殻を剥いていく。以前テレビで石川県の人はたいていカニをさばく術を身に付けている、というのを見たけれど、さばき方をきちんと知っていればこんなに食べやすいものかと思った。内子やミソや身は勿論、2年前は食べるものなのかすら疑った外子も一粒残らず、夢中になって美味しくいただいた。

これからは毎年、11月の解禁が楽しみになりそうな気がしている。


posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: