2015年04月24日

“ガヤ”(エゾメバル) Sebastes taczanowskii

Sebastes taczanowskii

仕事で札幌へ行くことになった。
都合良く月火の日程だったので、前の土日を使って小樽で泊まりがけの釣りをすることにした。

ついこの間函館の海でアイナメを釣って大喜びしたところだけど、やっぱり北海道と言えばメバルやソイの仲間、Sebastes属の魚たち。中でも標準和名で「エゾ」を名乗り、ガヤガヤとうるさいぐらい釣れるものだから「ガヤ」で通っているというこのエゾメバルは、いかにも北海道らしい魚として是非とも出会っておきたかった。

小樽に着いたのが夜の10時半頃。駅近くのホテルにチェックインして、夜食のお弁当を食べてさっそく港へ向かった。海面の様子を見ようと懐中電灯を向けると、一目でメバルの仲間と分かる体型の魚たちが水面下のそこここに佇んでいる。ガヤに違いない。光を向けられたガヤは警戒して深みへと身を翻してしまったので、少し場所を変えて仕掛けを浅く沈めてみる。すぐにガツンとアタリがあった。憧れのガヤはあっけなく手の中に収まった。

図鑑や写真では地味な魚だと思っていたけれど、青に黄に、細かく光を照り返す鱗が惚れ惚れするほど美しくて、いつまでも眺めていたくなる。唇まわりが少し紫がかっているのも洒落ている。こんなに魅力的な魚が駅から徒歩圏内の海にぷかぷか浮かんでいるとは、何て凄いんだ小樽!うるさいぐらい釣れるからガヤっていうのは本当だったんだ…とつぶやきながら、入れ食いと言っていい勢いでエサに食い付いてくるガヤたちの逞しい釣り味を、夜がすっかり更けるまで楽しんだ。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: