2015年08月28日

トラフグ属の仲間 genus Takifugu

genus Takifugu_150828
(上)ゴマフグ Takifugu stictonotus
(中)マフグ Takifugu porphyreus
(下)ムシフグ Takifugu exascurus


形が同じで、色や模様が違うものはコレクション欲を刺激する。トラフグ属の面々は、いかにもフグというつるりと愛らしい体型に、身近な防波堤釣りでもいろんな種類に出会えるというバリエーションが魅力だ。釣りでは小面憎いエサ取りのフグだけれど、見分け方を覚えると釣るのも楽しくなる。ネンブツダイの仲間もそうだけれど、「わかる」という快感が伴えば、エサ取りの小魚たちも愛らしく見えてくるんじゃないか。

最近通い始めた近所の居酒屋のメニューで、いっとうお気に入りなのが「フグのから揚げ」だ。防波堤で釣れるような小さなフグなんだけれど、フグらしくぶりっとかたまった身はしっかりフグの味で美味しい。750円。他にもっとお安いメニューもある中では少しお値段が張るな、と思いつつもいつも頼んでいる。お皿の上のから揚げを見るたびに、釣ったフグを手のひらに収めたときのブヨンとした皮の感触や、それが皮下の筋肉の上でずるずるとずれる「遊び」の感触、それに突然思いついたようにせっせと小刻みに息を吸って、ブツブツ言いながらまるーく膨らんで張り詰めた皮の感触を思い出し、微笑ましい気持ちになりながらカラッと揚がった衣に歯を立てている。


posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: