2015年10月30日

ホッケ Pleurogrammus azonus

Pleurogrammus azonus
婚姻色を呈したオスの老成魚

出張にかこつけて釣りに訪れた4月の小樽で、2つの姿のホッケに出会った。

石狩湾にこんもりと丸く突き出して岬をなす赤岩山を背に、一本の長い堤防で船や網を穏やかに抱きかかえた祝津(しゅくつ)の港。山の木々のくすんだ色も、硬質な冷たさを想像させる足下の海の透明度も、びゅうと吹き付ける海風も春の気配にはまだ程遠くて、遠いところへ来たんだなあという旅情をかきたてた。

堤防の先端まで乗用車を乗り付けて、レンガ造りの灯台の陰で投げ釣りをしていた人の獲物がホッケだった。すでに釣り上げられたホッケが3枚、見慣れた「開き」のかたちにさばかれて、車のボンネットに並べられている。さすが北海道、と思って自分の足下の釣りに熱中していると、ホッケ師が他の釣り人と何やら不満じみた声を上げているのが耳に入った。彼らにつられて沖へ目をやると、黒い影が海面に浮きつ沈みつしている。野生のトドだ、ということだった。トドが出るとホッケの釣果はもう望めないらしい。

空腹と寒さに負けて、休憩を取ることにした。マリーナで海の幸たくさんのラーメンを食べて、おたる水族館へ。そこでひときわ印象に残ったのが、岩組みの間に産み付けられた卵を守るオスの老ホッケだった。生身の魚にそぐわない不透明な白の婚姻色に全身を覆われて、干物の皮で見憶えのある煙のような縞模様はほぼ完全にかき消えている。傷んだひれを広げて他魚を威嚇する姿は薄暗い水槽の中で輝いて見えた。『もののけ姫』の犬神を彷彿させるような、野生的な神々しさだった。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: