2015年11月27日

潮だまりのギンポたち Blennies in tide-pools

blennies
上から カエルウオ Istiblennius enosimae
ナベカ Omobranchus elegans
ヘビギンポ Enneapterygius etheostomus
イソギンポ Parablennius yatabei


堤防や岸壁から地磯へと釣りの場を拡げて、改めて「海」の豊かさを思い知らされた。きっかけは千葉県、外房の鵜原港。風雨のせいもあって岸壁からの釣りが思わしくなく、歩き回るうちに足を踏み入れた地磯には一面びっしりと、文字通り足の踏み場もなく生命が敷き詰められていた。ウニやヤドカリやイソギンチャクや巻貝といった馴染み深い面々はもちろん、目を凝らせば水面でモヤモヤしている半透明の糸くずのようなものまで、あきらかに生き物のうごめき方をしているのだ。もし生命があるところにひとつずつGoogle mapの赤いピンを立てていったら、その地磯は見渡す限り真っ赤になってしまったに違いない。

そうして釣りの行動範囲に地磯が含まれるようになって、潮だまりで遊ぶようになった。そうすると「ボウズ」なんてもうあり得ないのだ。小さな袖針に一切れのイソメをつけてそろりそろりと沈めると、アゴハゼやドロメはなんの躊躇もなく勢いよく食いついてくる。かれらの貪欲ぶりを見ていると、磯の豊かさばかりでなく苛酷さが浮かび上がってくる。潮だまりの住人たちは「いま食べなければ、次いつ食べられるか分からない」、刻々と劇的に変化し続ける環境下でこの凄まじい「食う・食われる」に常に身を晒しているのだ。

そんな潮だまりで、一見なにやら楽しそうな表情で岩の陰からヒョイと顔を出したり、すぐまた引っ込んだりしているのがこの小さなギンポたち。生き生きときらめくようなその姿を見ていると、堤防では釣り人に雑魚扱いされて洟もひっかけられないかれらの住み家は、やっぱりこの潮だまりなのだとよく分かる。ハゼの仲間と違ってせわしないすばしこさで用心深くもあるから、見釣りのエサになかなか食いついてくれないし、手網に追い込むのも至難の業。
先日南伊豆に画家のラスさんを訪ね、一緒に潮だまりで生き物を捕って遊んだ。さすがはラスさん、慣れたもので大きな手網を潮だまりの中で巧みに翻して、カエルウオを捕まえた。初めて間近に見るカエルウオは渋さの中に複雑な光沢が含まれていて、とても美しかった。またすぐ磯へ遊びに行きたい、と思っている。


posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: