2016年03月25日

カクレクマノミ Amphiprion ocellaris

Amphiprion_ocellaris

クマノミといえばやはり真っ先に思い浮かぶのはイソギンチャクとの共生関係で、程よい毛足のカーペットみたいなイソギンチャク――その名もまさに旅籠、ハタゴイソギンチャク――にふかふかと心地好さそうに体を埋めている姿を写真や映像でよく目にする。

この共生関係は互いに利益をもたらすもので、子どもの頃に読んだ図鑑にはクマノミがイソギンチャクによって身を守ってもらう一方、イソギンチャクはクマノミから餌のおこぼれを得ているというようなことが書かれていた。なるほど昔話的な擬人観の香るシンプルに分かりやすい助け合いの構図だけれど、最近の研究によると実態はもっと複雑らしい。クマノミが守ってもらうのはそれとして、イソギンチャクが利を得るストーリーは、かれらが体内に共生させている「褐虫藻」なる助演俳優も絡んでくる込み入ったもののようで…

<新説・クマイソばなし>
・イソギンチャクの触手には毒針があって、普通の魚は近寄れない。クマノミは毒針に順応することでそこを安全な棲家としている(クマノミの利@)
・が、そんなイソギンチャクをついばんで食べる魚もいる。クマノミはそんな魚からイソギンチャクを守っている(イソギンの利@)
・イソギンチャクには「褐虫藻」という藻類が共生しており、その光合成によって生じた栄養分を受け取っている
・クマノミが守ってくれるので、イソギンチャクは体をのばして日光を浴びることができ、褐虫藻の光合成が活発になる=受け取る栄養分が多くなる(イソギンの利A)
・クマノミの排泄物を肥料とすることで、褐虫藻の光合成が活発になる=受け取る栄養分が多くなる(イソギンの利B)
・クマノミはイソギンチャクの粘膜とか卵とか、実はちょっと食べている(クマノミの利A)

そしてこの基本の構図に、クマノミ・イソギンチャクそれぞれの種の特性も影響して両者の関係は随分とバリエーションに富んでいる。

擬人的な捉え方はけっして嫌いではないのだけれど、そんなかれらの共生関係が牧歌的なものでない一つの表れは、それぞれの生きる姿のたくましさ。イソギンチャクが魚を捕まえて引きずり込んで食べるさまはYouTubeで見るたびに鳥肌ものだし、昨年の夏に石垣島の港で釣ったハマクマノミは荒々しいアタリと引きっぷりにふさわしい、肉厚の体とふてぶてしい顔をしていた。

このカクレクマノミはクマノミの中でもスレンダーな体型で顔つきも優しく、他種をさしおいてニモに抜擢された(厳密にはよく似た別種だそうだけれど)のにも納得がゆく。水族館でイソギンチャクにふかふか包まれる姿を見て、しかし、その共生関係が生まれてきた海の厳しさを少し想像した。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: