2016年07月08日

キリンミノカサゴ Dendrochirus zebra

Dendrochirus_zebra

海の中で初めて見たミノカサゴは、このキリンミノカサゴだった。ビーチに船を繋留している、その重しとして浅瀬に沈められたコンクリートブロックに、2尾のキリンミノカサゴが身を寄せていた。図鑑で見慣れた魚に自然の中で出会うことにはいつも興奮するけれど、この時もやっぱりサッと頭に血が上った。ひれに毒があるので触るわけにはいかないから、足を伸ばしてフィンで煽るように水流を送った。2尾はさっと胸びれを開いて、その場でぐるりと身を翻した。胸びれの青みがかったグレーと、そこに点々と光る白いスポットや爪のように伸びた条がよく目についた。

ハナミノカサゴは長く伸びた条を持っていて、それを広げてゆったりと泳ぐ姿は少し水深のある場所でのシュノーケリングでもよく目立つけれど、キリンミノカサゴはどちらかというと浅場で物陰にじっと佇んでいる印象が強い。初めはミノカサゴの仲間の中でも地味な種類だと思っていたけれど、何度も出会ううちに魅力に気がつき始めた。コンパクトにまとまったバランスいい体形や、目が大きめで愛嬌ある顔立ち、透明感のあるコントラスト強めの色彩は、この魚ならではのものだと思う。そして「麒麟」というネーミング。なぜそれを思いついたのかは分からないけれど、ビールのラベルに描かれた霊獣に確かに通じるものがある。この魚への名付けを託されて「麒麟」を持ち出せるセンスの持ち主は、千人に一人もいないのではないか。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: