2016年07月22日

ムラサメモンガラ属、3種 Rhinecanthus spp.

Rhinecanthus_aculeatus
ムラサメモンガラ Rhinecanthus aculeatus

Rhinecanthus_verrucosus
クラカケモンガラ R. verrucosus

Rhinecanthus_rectangulus
タスキモンガラ R. rectangulus

石垣の浅い海にはこの仲間がたくさん棲んでいる。初めてムラサメモンガラに出会ったときは、5メートルほど離れていたにもかかわらずサッと緊張した。気が荒い魚で、ダイバー相手にも躊躇なく攻撃してくることがあると聞いていたからだ。

けれども今のところ、かれらから攻撃を受けたことはない。こちらを横目に見ながら(だから体の側面がこちらに正対して、紋様を見分けやすい)スイと遠ざかったり、サンゴや岩の隙間にするりと身を滑り込ませたり。どちらかというと臆病な魚たちなのだと思う。

そんなかれらがダイバーに立ち向かうほど攻撃的になるのは繁殖期、巣の卵を守るためらしい。普段は臆病な、せいぜい20センチほどの小さな魚が人間に噛み付くというのには、よほどの切迫した覚悟が必要なはず。誰も守ってくれることのない広い海の中で、自らとその子を守り抜くことの困難を、この健気な魚は思い知らせてくれる。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: