2016年09月23日

フエフキダイ属の幼魚たち Young emperors

young emperors
(上から)ハマフエフキ(“タマン”)Lethrinus nebulosus / ハナフエフキ L. ornatus / タテシマフエフキ L. obsoletus

大きな魚を狙って、針掛かりした瞬間一気にアドレナリンが噴き出すようなスリリングな釣りも大好きだけれど、僕の原点はすぐ足下の海で多種多様な魚と遊ぶ五目釣りだ。海の中の様子とそこに暮らす魚たちのことを、潜らずとも、時には潜る以上に刺激的にかつ直接的に教えてくれる。

石垣島へ移り住んでそういう釣りをするうちに、フエダイ属の魚たちのバリエーション豊かさに惹き込まれた。一か所に3種、4種とフエダイの幼魚たちが見られる。その面白さに夢中になって足繁く釣りに出かけるうちに、気づけば名前のよく似たこのフエフキダイたちのコレクションも充実してきた。

おそらくフエダイも同じ由来であろう、笛を吹くように突き出した口先が特徴的。フエダイには鋭い犬歯を持つものが多くいかにも肉食といった風情なのに対し、このフエフキダイたちは(少なくとも幼魚は)幾分優しい顔つきをしている。が、油断は禁物。頰の筋肉がよく発達して噛む力がとても強く、大きな個体を釣り上げて針を外そうと不用意に口許に指をやるとザクリと切られることになる。胃袋の中に粉々に噛み砕かれた分厚いカニの甲羅が詰まっていることもあり、この突き出した口を使ってカニを隠れ処から引きずり出して食べる姿は容易に想像がつく。

フエダイにせよフエフキダイにせよ、同属の近縁種であっても生態はやはり種ごとに異なる。そもそも、生態が異なるものたちが長い時間を経るうちに別の種へと分化してきたのだ。それが一か所にいくつも見られるということは、その海がそれだけ多くの引き出しを持っているということをよく表している。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: