2016年11月18日

ノコギリダイ Gnathodentex aureolineatus

Gnathodentex aureolineatus

与那国島の岸壁で、最も頻繁に釣れたのがこのノコギリダイだった。

石垣島の岸壁釣りで見られる魚の顔ぶれも一通り出揃ったかな、と思っていたところだったので、与那国ではどんな新顔に出会えるかと楽しみにしていた。だから初めて見るノコギリダイが嬉しかったのは間違いないのだけれど、同時に物足りなさがあったのも事実だった。僕がたまたま出会っていなかっただけで、石垣の海にも確かにいるはずの魚だからだ。

落ち着いて考えれば、与那国と石垣との間の距離はわずか120kmほど。海の雰囲気は随分と違うけれど、ごく当たり前につながった海だ。そこに暮らす魚たちの相が大きく異なるわけもなく、「石垣島と与那国島」という違いで捉えるよりも、「同じ海のうちの、環境が異なる港」で釣りをしていると考える方が自然なのだと思い至った。そしてこの捉え方は、台湾、フィリピン、インドネシアと黒潮の経路を遡って考えてゆくときにも、ひとつの核になるものなのだと思った。

ノコギリダイについて、同行していた写真家のNさんは「あれは水中で大きな群れを作るからね、群れがいたんだろうね」と言い、僕の石垣島の家の主のKさんは「あれは胃の中から面白い貝がよく見つかるんですよ」と言った。さすが、八重山の海に長らく精通している方々は、魚ひとつとっても頭の引き出しから様々な情報がさらりと溢れ出てくる。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: