2016年12月02日

アカマツカサ Myripristis berndti

Myripristis_berndti

家主のKさんと一緒に、真夜中のリーフへ出た。
満月の大潮の、干潮。潮は引ききっている。それに波風がなく水面はガラスのようにピタリと静まって、透明なエビのせわしない脚の動きまでがくっきりと見えるほど。11月の八重山は北風が吹いてしばしば荒れるというけれど、その夜はKさんの滞在を天が慮ったかのような好条件だった。浜に立つとむき出しになった岩が黒々と眼前に広がり、ところどころの潮溜まりに夜空が映っている。はるか沖の方に、何かを漁り歩く人の灯が見える。

僕は釣り竿を持ってリーフエッジに立った。目の前は凪いだ海面と黒い島影、月明かりが滲む空。マーク・ロスコの絵みたいな静けさだ。水中でチカリチカリと何かが光っている。懐中電灯を向けると、ビルの屋上に立っているかのように足下からストンと落ち込むリーフの崖に沿って、赤い魚がガラス玉のような大きな目に光を受けつつキビキビ泳ぎ回っているのが見える。

ルアーをそのまま真下に沈めると、すぐにガクンとアタリがあった。平たい体をぐんぐん振っているのがよく分かる引きをいなしてリーフエッジから引き上げたのは、立派なアカマツカサだった。ついこの間、繊細な工芸品みたいだと惚れ惚れ眺めたヨゴレマツカサの幼魚と同じ仲間ながら、いま目の前で半身を水に浸して岩に横たわるこのアカマツカサの、生々しいまでの逞しさはどうしたものだろう。それは生き物が溢れ、競い合い、食いつ食われつし続けているこの海で、大人になるまで生き抜いてきた魚の顔だった。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: