2016年12月23日

ヤライイシモチ属、三種 Cheilodipterus spp.

Cheilodipterus_spp
(上から)ヤライイシモチ Cheilodipterus quinquelineatus
リュウキュウヤライイシモチ C. macrodon
カスミヤライイシモチ C. artus


黒潮に面した暖かい海の磯や堤防で小物釣りをしていると、テンジクダイの仲間によく出会う。スズキを寸詰まりにしてグンと縮めたような体形やギョロリとした顔つきには、肉食魚の遠慮ない活潑さがある。他方、薄くて硬くて大ぶりな鱗にワサッと包まれた身はいかにも脆くて、か弱い小魚の風もある。釣り人には雑魚としてあまり喜ばれないけれど、そんな異なるイメージが同居する、独特な魅力を持った魚たちだ。

そしてそんなギャップの魅力は、このヤライイシモチの類において極まっていると言えるかもしれない。
釣り上げて手のひらに横たえると、開いた口から覗く鋭い牙のような歯が目をひく。ことに大型になるリュウキュウヤライイシモチ(18センチにもなるらしい!)の歯が長い。シャープな体形とも相まって、アフリカの猛魚タイガーフィッシュをそのまま小さくしたかのような風格すら漂っている。
それでいながら、ひとたび引いて見ればこの魚のすぐ壊れてしまいそうな繊細さはどうだ。鱗は薄く透き通って、辺りの光を細かく分解してきれいに並べ直して送り返してくる。口やえらやひれは細工物のようで、少し手荒に扱えばすぐに割れたり外れたりしてしまいそうだ。バケツに放すと体を斜めにしてただ浮かんでいる。そんな姿はいかにも頼りなげで、「タイガーフィッシュの風格」などという言葉はまるで似つかわしくない。

そんな魅力あるヤライイシモチの類だけれど、僕には少し心ざわつく事情ができてしまった。石垣島は伊原間の港でこれを釣った直後、肩にかけていた一眼レフのストラップが突如切れてあっという間もなく海に沈んでしまったのだ。カメラの沈んだ海面にいつまでも立ちのぼってくる細かな泡と、手に残ったリュウキュウヤライイシモチ。この時の何とも言いようのない複雑な気持ちの塊は、長く忘れられそうにない。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: