2017年05月05日

テンジクタチ Trichiurus sp.2

Trichiurus_sp2

少なくとも二十余年前の大阪湾では夏の終わりから冬にかけて堤防からタチウオを狙う夜釣りが盛んで、暮れなずむ頃になると港のそこここに電気ウキの灯りがともるのだった。赤い光がトプンと黒い波をかぶるたびに魚信かと腰を浮かしかける、それに飽きた頃にようやく本物のタチウオがゆらゆらとウキを沈める。少し離れた父親に「来た」と声をかけて、水中に滲むウキの光を固唾を飲んで見つめながら針掛かりを待つ。長い時には一分以上にも及ぶその時間の緊張と昂揚こそが、この釣りの醍醐味なのだった。

大人になって東京に暮らして、堤防のタチウオ釣りはすっかり縁遠くなった。東京湾のタチウオは船から狙うものなのだ。ところが昨年から移り住んだ石垣島では、やっぱり冬に堤防からタチウオが釣れるという。ルアーで狙うことをすすめてもらったけれど、あの電気ウキの昂奮が忘れられず、二十年前と同じ仕掛けを夜の港に浮かべた。赤い光が波をかぶるたびに腰を浮かしかけるところまでは同じだったけれど、結局本物のタチウオがウキを沈めることはなかった。

その後、タチウオとの再会は思いがけない形で実現した。いくら日の出の遅い石垣島とはいえ、朝マヅメと言うには陽の昇りすぎた午前八時の港で、ルアーに食いついたのが若いテンジクタチだった。革のベルトのような滑らかに硬質なしなり、鏡面仕上げされたステンレスのようでありながら見る間に傷付いてきらめきを失う体表の箔、釣り上げられた無念さを微塵も感じさせない無表情。出会い方こそ違えど、その姿は僕の気持ちを二十年前の大阪湾の夜へと一気に引き戻した。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: