2017年05月12日

グルクマ Rastrelliger kanagurta

Rastrelliger_kanagurta

魚は何が好きですか?と問われれば、以前は迷いなくサバです、と答えていた。張り詰めた体のラインに色気があり、色も紋様も文句なしに美しく、表情に愛嬌があり、釣って楽しく捌いて心地好く食べておいしい。サバを愛する理由はそんな風に揃っているわけだけれど、石垣島へ移り住んでからはすっかり縁遠くなった。分布してはいるようなのだけれど、釣り物としてはまるで見かけない。おかげで好きな魚を聞かれたときに、まずウーンと悩むようになってしまった。

サバは見かけないけれど、代わって沖縄のサバと言うべき魚がこのグルクマだ。基本的なつくりはよく似ているのだけれど、より頭でっかちでパワフルな体つき。紋様も繊細な虫喰い紋ではなく、明るめのエメラルドグリーンを地にした思い切りのいいストライプが南国の海によく似合っている。大好きなサバに近縁な別バージョンということで、魚の絵を継続的に描き始めた頃からまだ見ぬこの魚に憧れを募らせ、よく描いていた。

そんな憧れの魚が泳ぐ海のそばに今、住んでいる。グルクマといえば釣り人だけでなくダイバーの方々にもよく知られた魚で、それは口を大きく開いたまま群れで泳いで食事をする風景がフォトジェニックだからだ。僕もその様子を港の岸壁から何度か目の当たりにして、心の芯が震えるような感覚を味わった。さて次は何とか釣り上げてこの手に躍動を感じてみたい。そうしてサバと同じところ違うところを実感すれば、また「魚は何が好きですか?」の質問に対してサバですと即答し、石垣には近い仲間のグルクマという魚がいて…と気持ち良く言葉が連なって出てくるに違いない。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: