2017年06月16日

マガキ Crassostrea gigas

Crassostrea_gigas

岡山は牡蠣の一大産地だ。とりわけ日生(ひなせ)と寄島(よりしま)の2か所が有名で、2014年の秋に訪れた日生では駅を出ると道の両側に次々と「カキオコ」(牡蠣たっぷりお好み焼き)ののぼりが立ち、港には牡蠣を扱う市が立って賑わっていた。揚げたてカキフライ7個入りを頬張りながら釣れない釣りをしていると、背後の水産加工場から白い作業着のおじさんが出てきて「これでやってごらん」と牡蠣の剥き身をくれた。これで?と半信半疑のまま餌を付けかえて仕掛けを沈めると、間もなく立派なセイゴが釣れた。ここでは魚も牡蠣を好むのか、ととても印象的だった。

そんな岡山の妻の実家に帰省すると、お母さんがいつも並べてくれるご馳走の中に決まってラインナップされるのがカキフライだった。ひと粒はそれほど大きいわけではなく、その分ぎゅっと滋味が詰まっている。なにしろどれだけ行儀よくしようとしてもつい箸が迷ってしまうほどのご馳走づくめだから、ひと口ふた口でパクンと食べてしまえるサイズがちょうどいい。しかも「カキフライには醤油」というのが妻の実家の風だから、ドスンと重いタルタルソースと違って質実に牡蠣の味が引き出されて食べ飽きない。それで皆ついつい食べのぼって、山盛りだったはずの大皿は空になるか、遠慮混じりの二、三粒を残すのみになってしまう。

おかげで僕もすっかり「カキフライには醤油」派になった。揚げたてを箸につまみ上げ、ひらりと手首をかえすとブレーンバスターのように頭から醤油の小皿に押し付ける。小皿の底に頭がコツンと触れると同時にパン粉が醤油を吸い上げ、逆に醤油の水面にはフライから滲んだ油のマーブル模様が浮かぶ。その様子を思い浮かべるだけで、醤油に引き立てられた牡蠣の苦み混じりの味わいが舌の上に蘇ってくるようだ。今年も季節になったら機会のあるごとにカキフライを食べようと思う、もちろん醤油で。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: