2017年08月11日

キビナゴ Spratelloides gracilis

Spratelloides_gracilis

6月の頭、初めて鹿児島を旅した。着いた日の夜はホテルに荷物を置いたらすぐに川の様子を見に行った。甲突川という川で、街頭に照らされた暗い水面には、ボラなのかコイなのか、時おり大きくてゆったりとした波紋が浮かぶ。土手を歩きながら何度かルアーを投げたけれど、それへの反応はなかった。気づけば河口近くまで来ていて、帰るにはまた3キロほど歩かねばならなかった。引き返そうと思うと急に胃袋に意識が向いて、ぐったりするほどの空腹を感じた。

居酒屋や小料理屋の看板がちらほらするあたりまで戻った頃には10時前になっていて、お店を選んでいる間につぎつぎ店じまいしてしまうんじゃないかと焦りが生まれた。折りよく煌々と灯りのともる焼き鳥屋に行き当たったので、ためらいなく入った。メニューにはキビナゴ料理がたくさんで、土地のものを食べられるいいお店に入ったとホッとした。焼き鳥やモツ煮と一緒に、キビナゴの刺身を頼んだ。

程なくして出てきた刺身は瑞々しく透明で、皮にはピカリと箔の輝きがあっていかにも鮮度が良く美味しそうだった。酢味噌をつけて口に入れると、他のどんな魚とも違うまさにキビナゴの、かすかな苦味と髪の毛のように細い小骨の舌触りが広がった。身は薄いのにザクザクとした歯ごたえがある。うまい。キビナゴといえば、子どもの頃に父と通った大阪湾でのタチウオ釣りの餌の印象が強かったのだけれど、この晩の刺身は僕に新たなキビナゴの記憶を刻み込んでくれた。たとえ釣れなくともこういう出会いがあるから、魚を求める旅はいつも楽しい。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: