2017年09月22日

メバル属の幼魚たち Sebastes spp.

Sebastes_spp
(上段左から) シロメバル S. cheni / ムラソイ S. pachycephalus / キツネメバル S. vulpes
(中段) クロソイ S. schlegelii / エゾメバル S. taczanowskii / タケノコメバル S. oblongus
(下段) シマゾイ S. trivittatus / ヨロイメバル S. hubbsi / オウゴンムラソイ S. nudus


同じ分類群に属するきょうだいのような魚たちを、並べて描き比べてみたい。その興味が、魚の絵にのめり込んでいったきっかけのひとつだった。そしてそれを満たすのに、このメバル属の魚たちは最高の相手だった。ハードルの低い堤防釣りでバリエーション豊かな面々に出会える可能性があり、その面々は格好良さと美しさ、いかつさと愛嬌を絶妙なバランスで備える点で共通しつつも、顔つきや体型、色彩には確かに個性の主張がある。

だから東京にいた頃の僕の釣りは、この仲間の魚に出会うことが常に最大の目的で、それはかれらをさがし求める旅そのものだった。小物狙いの僕が手にするのは小さなものばかりだったけど、煌めく魚体を手にしたときの感動は、時間と空間の座標の中にしっかりと居場所を張って僕の記憶に深く刻まれた。

風の吹きすさぶ真冬の堤防で釣友と防寒着を着て震えながら、あるいは連休にはるばる足を伸ばした賑やかな漁港の片隅で、はたまた会社仕事の出張の夜中にホテルを抜け出して辿り着いた岸壁で。そこに至るまでのすべてが−−子どもの頃の記憶までを含め−−ぎゅっと凝縮して込められた出会いの数々は、僕の人生全体を通して見ても実にかけがえがない。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: