2013年05月31日

コリドラスのなかまたち genus Corydoras

genus Corydoras

初めて飼った熱帯魚はピラニアで、阿倍野の近鉄百貨店の屋上のペットコーナーで買ってもらった。当時はピラニアにこそ興味があるのであって、他の熱帯魚たちはあまり眼中になかった。でもピラニアを飼うために熱帯魚の本を買ってもらい、それで勉強するうちに「普通の」熱帯魚も飼いたくなった。いよいよ水槽を増やしていいよということになり、父が会社の近くの「エム」というホームセンターのペットコーナーで、売っている魚の名前と値段を片っ端からメモして帰ってくれた。それからは毎日、そのリストを眺めながらどれを何匹買うかのシミュレーションをして過ごした。あれを3匹、これを5匹、そうするとこれくらいの値段になるから残りは…というふうに。その気持ちの昂り、頭に浮かぶ光景は、20年以上経った今でも心のうちに簡単にそっくり再現できる。

その後初めて「エム」に行った時に買ってもらった本が今も手元にある。『熱帯魚図鑑』、1991年5版。この本は、熱帯魚から気持ちが離れていった高校卒業から26歳ごろの間を経ても、ごく自然に身近にあり続けた。一人暮らしの引っ越しの際に、実家に送り返したことはあったかもしれない。でも気づくと手元に取り戻していた。魚に対する知識と、何より思い入れの深さ。この本を開くと、水槽がずらりと立ち並ぶ大きくて暗い部屋、つまり水族館のような場所で、たったひとりシンと魚と向き合っているような気持ちになる。魚との対話を積み重ねきった人にしか書きえない、はっきりと人格を持った言葉が、この本にはぎっしりと詰まっている。

たいていの図鑑がそうであるように、この本も概ね分類学にしたがって魚を括り、並べている。括られた仲間のひとつひとつを眺めるごとに、違った楽しみ、湧きだす感情がある。南米のカラシンはポピュラー種が多くて、熱帯魚店の水槽とそのガラス面に直接マーカーで書かれた名前、値段を思い出してわくわくする。アジアのコイの仲間は屋台が立ち並ぶ土埃の多い街並みと、そこを流れる茶色い小川を想像させるし(完全に勝手な想像だ)、アフリカの魚は特異な水質を好むためになかなか手を出しづらいこともあって、海の魚のような遠い憧れをかきたてる。

コリドラスの仲間は、みな似たような体型なのにやはり種によって独特の「顔つき」と多彩な紋様を持っている点、そして著者がとりわけ種ごとの入手しやすさや輸入量に言及している点が、蒐集欲を刺激した。

●コリドラス・エベリナエ(絵の上段中央)
「…輸入されるアルクアートゥスの何千匹に1匹混じっているかどうかというほどで稀少な魚である。めったに見ることができない種類として知られている。産卵させるにも入手が困難なため、望めない。」

●コリドラス・シクリ(絵の下段右)
「最近ではあまり見かけられなくなった種だが、ショップなどでもし見つける機会があったら千載一遇のチャンスだ。ぜひ、この魅力あるコリドラスの産卵に挑戦してみたい。」

こんな言葉を並べられて心が躍らないわけがない。いまだに「エベリナエ」という片仮名の並びを目にすると、とても手の届かない半ば幻のような宝物を眺める気持ちになってしまう。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: