2013年06月28日

ボララスのなかまたち genus Boraras

genus Boraras

社会人になった年の5月に、ショッピングモールのペットコーナーで30センチ幅の小さな水槽を買った。大学進学時に実家を出て以来、水槽を持つのは7年ぶりのことだった。

水槽が小さいので、当然飼う魚も小さくないといけない。ほとんど迷うことなく、ボララスの仲間に決めた。かれらは大きくなってもせいぜい2センチ程度という小ささだけれど、東南アジアの魚に特有の、渋みのある美しさがぎゅっと詰まっている。30センチの水槽にボルネオの水景を夢見るにはぴったりの役者だった。

沈めた流木のせいで少し茶っぽく色づいた水、水草は陰性のシダの仲間だけ、照明は暖色系の明るすぎないものに。ワークデスクに置いた水槽に目線の高さを合わせるには、床に座って少しあごを上げないといけなかった。そうやって水槽を眺めていると、ジャングルの底を微かな水音とともに流れる水たまりのような小川の中に、自分もいるような気になってくる。厚く積もった枯れ葉に濾されて澄みきった軟らかい水の中を、きびきびとひれを立てて泳ぐ野生のボララスたちを想像して、いつまで眺めても飽きることがなかった。

その後、身の程をわきまえずに水槽を徐々に大きくしたせいで、近ごろどうも水槽の隅々にまで気持ちが行き届かない。こうしてボララスたちを描いたのをいいきっかけに、初心に戻って本当に好きな水景を作り直そうかと考えている。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: