2013年07月26日

“ダイヤモンド・エンゼル” Pterophyllum scalare

Pterophyllum scalare

一般に家庭用の水槽のスタンダードは60cm幅のもの、ということになっているのだけれど、広いとは言えない都会のマンションではそのサイズはかなりの存在感になる。60cm水槽が初めて家にやってきた日の抑えがたい喜びはよく覚えている。水槽の中の空間がとても広く、池や築山を備えた庭園でも手に入れたかのような気分だった。

その最初期の住人に、4尾のエンゼルフィッシュたちがいた。“ブルーフェース・エンゼル”、“ゴールデン・エンゼル”、“マーブル・エンゼル”、“ダイヤモンド・エンゼル”。それぞれ異なる体色をした改良品種たちで、とにかくその姿の抜群の格好良さに惹かれた。毎日玄関の三和土にしゃがみこんで、黒いスチールラックの上の水槽の彼らを延々眺め続けた。20年近く経った今でも、この4尾の体型の個性を思い出せるほどに。

ダイヤモンド・エンゼルは、鱗の配列の乱れを固定した品種で、光をさまざまに反射するため皺をよせたアルミ箔のようにギラリと輝く。水槽の電気を消してからの姿が今でも目に焼き付いている。暗い水槽の中にわずかに差しこむ玄関の蛍光灯の光を集めて、円盤状の体が目に眩く照り返してくる。彼がゆっくりと体の向きを変えるにつれて光の量は増してゆき、その頂点の輝きたるや、うわあー!と歓声を上げたくなるような一面の銀色だ。そしてその姿とともに脳裡に蘇るのは、居間の方から聞こえてくる父と母の声、テレビの音。ごく当たり前の、幸せな夜の音だった。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: