2013年08月30日

カサゴ Sebastiscus marmoratus

Sebastiscus marmoratus

生き物の姿は、その種に共通して必ず見られる特徴と、ひとりひとり異なる個体差との組み合わせでできている。共通して必ず見られる特徴は、その生き物の種を見分ける根拠になるもので、学術的な図鑑にはそれがきちんと書かれている。例えばカサゴであれば、「胸鰭上半部の後縁は浅く湾入」、「背鰭は12棘12軟条」、「胸鰭に遊離軟条がない」、等々。

けれども海釣りでカサゴに出会うたびに、そういった特徴のひとつひとつを確認して初めて「ああ、カサゴだ」と分かるわけじゃない。ひとたびカサゴという魚を知っていれば、釣り上げた瞬間に「カサゴだ」と判断できる。総体としての対象物からその特徴を抽象的に掴みとることができる、人間のすごい能力だ。この能力がなければ、我々は友人の顔を覚えるためにその特徴を事細かにメモしておき、待ち合わせの時には周りに立っている人間ひとりひとりをそのメモと照合してみなければならないだろう。「耳たぶの下端から地面に平行に伸ばした直線は、鼻の先端と上唇上端との中点と直角に交わる…」というように。

実際にたくさんのカサゴに出会ってきた。彼らの身体の模様は特に個体差が大きい。赤いのもいれば黒っぽいのも、黄色いのもいるし、斑点だって大きかったり小さかったり多かったり少なかったり。でも釣り糸の先にぶら下がる彼らを見た瞬間に「カサゴだ」と脳が答えを出す、その根拠になる特徴はガサガサ開いた大きな口と、ツンツン棘が飛び出しているようなひれ、それに背中に入った「白黒白黒」のJR線路の地図記号だ。特にこの線路記号は何より有力なカサゴの特徴として自分の脳に刻み込まれているので、これが目についた途端に快楽物質がドバッと分泌されるのがよく分かる。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: