2013年10月25日

モツゴ Pseudorasbora parva

Pseudorasbora parva

パンの耳を袋いっぱいに詰めて店先に置いてあるパン屋さんを見ると、父がそれを持って池のほとりの斜面を降りてくる20年前の姿がいつも頭をよぎる。ちぎったパンの耳を水面に浮かべると、小魚がそれを突ついて周りがパシャパシャとさざめき立つ。そこを狙ってサッと素早く網を振ると、中でピチピチ跳ねるのがモツゴだった。

海釣りを知る前は、桃ケ池、万代池、長池といった大阪市内の池へ魚を掬いによく連れて行ってもらった。都市部の池だから生き物の多様性はたかが知れている。それでも、モツゴやスジエビ、アメンボたちを相手に飽きることがなかった。当時はまだ今ほどには目の敵にされていなかったブルーギルの幼魚もよく網に入ったけど、あれから20年経って、池の他の住人たちは駆逐されてしまっていないだろうか。

掬ってきたモツゴやエビは、プラケースの虫カゴに熱帯魚のお下がりの砂利や隠れ処を入れて飼った。コンクリートブロックのような形で中が空洞の、青や緑の陶製の隠れ処はモツゴたちによく似合った。

そんなことを思い出しながらモツゴについて調べていると、属名がPseudorasbora(ラスボラもどき)であると知った。ラスボラと言えば東南アジア産のコイ科魚類の一大勢力で、熱帯魚の世界ではメインストリームだ。
あんなに身近だった日本の魚が、「もどき」とは言えラスボラの名を戴いているとは面白い!パンの耳に群がるような、どちらかというとあまり品のない魚に見えていたモツゴを、綺麗な水槽で飼ってみたくなった。

この感覚を表す適切な喩えは難しい。…行きつけの庶民的な定食屋さんのご主人が、実は学生時代にロブションと同級生だったと知る。そう言えば、初めて店に入った時からデザートメニューに「クレームブリュレ」などという洒落たものがあるのを何だか妙だなと思っていたのだった。そういうことなら、次回はちょっとその「クレームブリュレ」とやらを頼んでみようか。

そんな、心持ちだ。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: