2013年12月27日

ヨシノボリの仲間 members of the genus Rhinogobius

Rhinogobius_01
Rhinogobius_02

今年のお盆休み、妻の実家の岡山で過ごす最終日に、総社市の豪渓(ごうけい)という渓谷へ夕涼みに行った。「奇岩絶壁」と形容される景勝地で、岩に刻まれた刀傷のような線が印象深い。

車を停めて、大小の岩がごろごろした渓流に降りる。履物を脱いで水に入ると、ふわりと川底の石が足の裏に触れる。表面はぬるりとしているけれど、澱んだ水の分厚くて不快なぬめりとは違う。さらさら流れる透き通った水に洗われて、恐らく微細な命をびっしりと纏った石は、ぐっと足に力を入れると擦れ合って少し軋む。

そこここにせいぜい1cmほどの何かの稚魚がピンピン泳いでいる。手のひらでゆっくり追うと簡単に水ごとすくえるけれど、何の稚魚なのかは見当がつかない。足下では水面の揺らぎの向こうに、色鮮やかなヨシノボリがついと跳ねては停まりを繰り返している。その色を何とか間近に見たくて、追いかけたり待ち伏せたりするのだけれど、どうしても動きについていけなかった。

ヨシノボリは川遊びで最も普通に見かける類の魚だけれど、学術的な分類は発展途上で学名未記載の種もまだ多いらしい。全国の川や湖に生息している上に地域差や個体差も大きいとなると、素人考えながら分類作業の果てしなさに気が遠くなる思いだ。きっと色鉛筆の一本一本に名前を付けるような分かりやすい作業ではなくて、虹の中から色を見分け出して定義するような話なんだろう。けれどもその困難に真っ向から取り組む学者の「分かりたい」という気持ちは理解できるような気がする。身の回りのものの多くは先人が既に名付けてくれているから普段はあまり意識しないけど、そういった分類と名付けによってこそ、人間は世界を捉えて自らの立ち位置を定めてきたのに違いない。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(2) | 魚の譜
この記事へのコメント
またまた綺麗な魚たち!日本の淡水魚もなかなか捨てたものではないですね。
僕にとっては最も身近な魚のひとつです。
ヨッシーは針にかかってないのに餌のシマミミズを頬張ったまま離さず釣り
上げられてしまうほど欲張りな魚でした。
来年もまた綺麗な絵で楽しませて下さい。ではよいお年を!
Posted by aloha at 2013年12月28日 18:12
alohaさん、
ありがとうございます。日本のとか北米のとか、あんまり鮮やかなイメージがない地域の淡水魚も婚姻色が出てるとやっぱり見惚れますよね。
ハゼの仲間は顔のせいか確かに貪欲なイメージが…、すくうより釣る方が簡単だったんですね!
いつもご覧いただきありがとうございます。来年もどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by uonofu at 2013年12月28日 19:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: