2014年01月31日

アピストグラマ genus Apistogramma

genus Apistogramma

アピストグラマの仲間は熱帯魚の世界では揺るぎなく市民権を得た一群だけれど、少し玄人好みなところもあって、誰もが気軽に手出しする魚ではない。運動会の種目で言えば「大玉転がし」ぐらいのものと思えばよい。運動会の種目は?という問いの答えのトップ10以内には入りそうだけれど、「大玉」の調達や保管といったハードルがあるために実施していない小学校も多いはず。それでも「パン食い競争」みたいに、「認知はありふれているが実際に目にした人は少ない、幻の存在」というほどでもない。

この仲間は種が非常に多く、しかも同じ種とされている中でも地域差や個体差が大きいので分類を理解しにくい。これは野生のベタやコリドラスにも言えることで、そこが玄人好みなポイントなのだと思う。どこかに理解しきれなさが残るモヤモヤを「楽しい」と感じられるなら、彼らは一生付き合うに足るキャパシティを持っている。
そしてそのことと表裏一体だけれど、彼らがベタやコリドラスのように幅広く一般化しなかったのは、これぞアピストグラマ!という分かりやすい改良品種を持たなかったからだ。同じシクリッドの仲間であるエンゼルフィッシュやディスカスと異なり、彼らは人間から品種改良の熱意を注がれなかった。そのことも、彼らが既に自然からあまりにも豊富なバリエーションを与えられていることと無関係ではないはず。

そんな魚だから、頭の中には渋くて落ち着いたイメージが刻まれていた。けれどもこうして改めて彼らの姿を描いてみると、いかにも雄大な南米の自然の色を身にまとっているように思える。鮮やかで華やかで力強い。一尾一尾が王様のように誇りのある顔つきをしている。彼らに心血を注ぎ込むマニアの方々の気持ちも分かるような気がしてくる。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: