2014年02月28日

ブラックバス(オオクチバス) Micropterus salmoides

Micropterus salmoides

もしこの魚のことを知らなかったとしても、姿形を見れば彼らが貪欲な肉食魚であることは想像がつくかもしれない。ギョロリとした目に大きな受け口、瞬発力がありそうな筋肉質の体、獲物を追うのに無駄のなさそうなまとまった体型。

これと似た雰囲気を備えた魚は、分類学上のつながりや生息域を問わず数多くいる。日本のスズキ、南米のツクナレ、ヨーロッパのパーチの仲間、その他スポーツフィッシングの対象となっている世界中の魚たち。彼らが異なる生息域のそれぞれで上位捕食者として似たような生態的地位に君臨しているということはつまり、今の地球ではこの形こそがおそらく肉食魚としてのひとつの完成形なのだ。

そしてその中でも、ブラックバスのふてぶてしさ、貪欲さは際立っている。だからこそ釣り人に愛され、「いつもブラックバスの近くにいたい」という願いとともに世界中に放流された。また、ブラックバスを観賞魚とする文化はあまりないように思うけれど、この肉食魚然とした雰囲気にはアクアリストからも好まれるポテンシャルがあるはずだ。熱帯魚店で時折幼魚を見かける、アフリカの肉食魚ナイルパーチと少なくとも同程度には。

けれどもそうやって世界中の人々に愛され放流されて分布を広げた結果、彼らは「世界の侵略的外来種ワースト100」に指定され、どこへ行っても在来種を食い尽くして絶滅に追い込む悪者として憎まれるようになった。この今のありさまは、何の非も無いブラックバスたちにはもちろんのこと、彼らを愛した釣り人にとっても不本意だろうと思う。彼らを拡散させた「罪」によってバス釣りそれ自体が目の敵にされることもあるだろうし、本来は自然とより持続的な関係を築くための崇高な理念であるはずの「キャッチ&リリース」が、バス釣りを前提にすると途端にひどく前時代的なものに見えてしまう。軽々しい放流は結果的に、ブラックバスと在来種と釣り人みなを不幸にする、取り返しのつかない(つくかもしれないが、とても難しい)過ちだった。

いま、ブラックバスがそもそもの生息地であるアメリカ南東部でどんな風に生きているのかをネットで調べようとしても、外来魚としての像に阻まれてなかなか見えてこない。フロリダの大自然の下、王として悠々と振る舞っているはずの彼らの姿を思うと、それはとても残念なことだ。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(2) | 魚の譜
この記事へのコメント
最も愛した魚がついに!しかし愛しすぎて今バス釣りは休憩中。

昨今、琵琶湖ではとんでもなく釣るのが難しくなってしまいました。
週末アングラーにとっては絶滅危惧種に近いです。

琵琶湖で釣れるデカバス達は、繁殖行動を阻害するために放たれた
3倍体の個体ではないかという噂もあります。

外来種問題は難しいですが、ともかく憎むべきは魚ではなないですね。
Posted by aloha at 2014年03月01日 10:23
alohaさん、琵琶湖ではそうなんですね。実は私は子どものころからなぜかブラックバスに
縁が無く、よく通った池でもブルーギルばかりで結局バスには出会えませんでした。
完全駆除に成功している湖もあるようですね。
Posted by uonofu at 2014年03月02日 23:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: