2014年05月30日

バンブルビーゴビーのなかま genus Brachygobius

genus Brachygobius


バンブルビーとは「マルハナバチ」という小さな蜂のことだ。黒と黄色の大らかな縞模様、丸っこい体型にふさふさと生えた毛が可愛らしい。日本ではミツバチに比べてガタッと知名度が低いけど、ヨーロッパでは親しまれた存在らしく、『くまのプーさん』に描かれている蜂はマルハナバチであるとも言われているそうだ(Wikipedia)。

この蜂にちなんで、黒と黄色の模様を持った魚のいくつかは「バンブルビー」を冠した名前で流通している。その走りは間違いなく、このバンブルビーゴビーだろう。この魚に、ヨーロッパで愛されている丸っこい蜂の名前はとてもふさわしい。大きさはせいぜい2〜3センチ、コロンとした体形におっとりした縞模様、よく見るとあごが大きくてそれなりにふてぶてしい顔も「この!ちっさいくせに!」で笑ってすまされてしまう感じだし、ハゼの仲間らしく流木やガラス面にちょこんと張り付いたり、水底近くをふわふわと漂うように泳いだりする姿は見ているだけで頬が緩んでしまう。

昔から熱帯魚店でよく見かけるバンブルビーゴビー(B. doriae)は淡水と海水の混ざり合う汽水域の魚だから、飼育のハードルは少しだけ高かった。我が家には純淡水あるいは海水の水槽しかなかったので、飼いたいとも思わないように長らく見て見ぬフリをしてきたのだけれど、純淡水で飼える近縁種(B. xanthomelas)がいるらしい。飼っている方のブログを見て溜め息をついていたところ、行きつけのショップで特売になっているのに出会い、ついに我が家の水槽にも迎え入れることができた。可愛らしくて見飽きない。

絵を描こうとこの仲間を調べてみると、意外に多くの種がいることが分かった。Wikipediaに出ていた9種を何とか描き分けて見たけれど、ネットの情報は種の同定の怪しいものも多く、見分けがよくわからない。「かわいいなあ」のレベルでとりあえずは満足することにした。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(2) | 魚の譜
この記事へのコメント
こんばんは、バンブルビーゴビーさん可愛いですね。 円らな瞳とだらしなく半開きな口が特徴をよく表していると思います。 黄色い色の暈かし等雰囲気満点です。 カラー魚拓ってカテゴリーがあればこんな絵の感じになるのかな? また遊びにきます。
Posted by 寿 at 2014年06月06日 01:32
こんにちは。我が家のFバンブルビー、毎日楽しく眺めてます、寿さんのおかげです。
小さくてもやもやした色の魚、描くの難しいんですけどトライしてよかったです!
Posted by uonofu at 2014年06月08日 15:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: