2017年07月14日

ハクテンカタギ Chaetodon reticulatus

Chaetodon_reticulatus

サンゴ礁の海に入ると目の前で魚種が爆発する。特に火力の強いのがブダイ、ベラの類だ。種数が多い上に成長段階や雌雄で模様や体形が変わるので、都度図鑑をめくるわけにもいかない海中ではまるでお手上げになる。さらにかれらは動きが滑らかで素早いので写真に収めるのも一苦労、結局いつまでも「あれ、よく見かける気がするけど何だろう…」という状態が続くことになる。ハゼについても大体同じことが起こっている。

それと比べればチョウチョウウオたちはかなりマシな方で、それぞれハッキリと模様が違うし種数もある程度限られているから、少し気合いを入れて集中的に勉強すれば海中でもかなり見分けがつくようになりそうな気がする。「気がする」というのは、いまだにその努力を怠っているからだ。切り身餌の釣りで時々針がかりするトゲチョウや、卵型の体形が印象的なミスジチョウは辛うじて分かるようになった。名前のわかる魚に海中で出会ったときの心地好さや安心感というのは実にいいものだ。

そんな中、このハクテンカタギは初見でも名前が浮かぶぐらい特別で美しい見た目だった。ほとんどのものが黄色いこの仲間にあって、かれらは黒いのだ。着物の染めに因んで名付けられたユウゼンと並んで、黒いチョウチョウウオというのには際立った存在感がある。リーフエッジの深い青みの中で、チョウチョウウオの多くがそうするように「つがい」で連れだって泳いでいた。このつがいは一生、共に行動するものらしい。そこに人間的な意味づけをする必要はないと思うけど、やはりその絆の固さには心を打たれてしまう。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜

2017年07月07日

ゴマフエダイ Lutjanus argentimaculatus

Lutjanus_argentimaculatus

元来ホームランバッターじゃないタイプの選手が「何かの拍子に」ホームランを打ってしまうと、その心地好さが忘れられず、次打席以降もしらずしらずのうちに大振りになって自らのバッティングの型を見失うことがあるという。
僕の魚釣りにおいての「大物」もそれに似ている。常々「大物には興味ないんです、小さくてもいろんな種類の魚と出会えるのが一番…」などと予防線を張りながら釣りをしているのだけれど、突如思いがけない大物が掛かることもある。格闘の末にそれを無事手にすることができたとき、あるいは散々引き回された挙句仕掛けを引きちぎられて強制終了したときはよりいっそう、放心しつつも脳みそにはしっかりと快楽が刻みつけられてしまう。その結果、一回り太い仕掛けでしばらくは同じ釣り場へ通いつめることになる。

ゴマフエダイは、石垣島へ移り住んでから釣りでは最も数多く出会った魚だと思うけれど、一番の大物ー51センチだったーを釣り上げた興奮はいまなお生々しく思い返される。夜の海を泳がせていたルアーがぐいと引ったくられた後、猛烈な勢いで沖へ糸が飛び出してドラグがジジジと鳴った。場所はさえぎるもののない砂浜だったから糸が続く限りどんどん走ってもらって構わないのだけれど、左手にひとつドスンと鎮座した大岩、あれに引っかかって切れるのだけは気をつけないといけない。そう思っていたら、糸の先のまだ見ぬ魚は一目散にその岩へ向かっていく。案の定、糸は岩に引っかかり、魚が暴れていることは伝わってくるもののそれ以上リールを巻くことができなくなってしまった。

この大物の姿を見ないまま逃してしまえばどれだけ後悔するかわからない。そう思うと矢も盾もたまらず、僕の方から岩のところへ魚を迎えに行くことにした。その場で慌ただしく靴下と靴を脱ぎ、足の裏にサンゴ混じりの砂を感じながらザブザブ岩を目指した。水深は大したことなかったけれど、夜の海はやっぱり少し緊張する。岩のところまでやってくると、赤いゴマフエダイが懐中電灯の光に照らされて、波打つ海面の向こうに見えた。大きい!手づかみしようとすると岩から糸が外れて、魚はまた浅瀬で体を斜めにして走る。結局最後には砂浜へ引きずり上げるようにしてなんとか確保。興奮と安堵が心地好く混ざり合い、手の震えがなかなか止まらなかった。僕は普段そういう写真にあまり興味がないのだけれど、この時ばかりは「魚を掲げての自撮り」をしたいと思い、撮った。ハンターが獲物を誇らしげに掲げて写真を撮る気持ちが、少しわかるように思った。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜

2017年06月30日

オニボラ Ellochelon vaigiensis

Ellochelon_vaigiensis

ボラの類はとにかく釣り人に好かれない。父親と毎週末の釣りにいそしんでいた小学生の僕も、サビキの仕掛けに大きなボラが掛かると「あかん、ボラや」とがっかりした声を出していた。理由は「臭くて美味しくない」という評判が、実際のところはどうあれ釣り人たちに固く信じられたからだろう。固唾を飲んで竿先を見つめるその向こうの海面を何やら呑気にゆったりと泳ぎ過ぎてゆく様も、釣り人にとってはどこか癇に障るものなのかもしれない。

けれどもこのオニボラにだけは、いかにボラへの蔑みを刷り込まれてきた釣り人でもつい好意に満ちたまなざしを向けてしまうのではないか。黒く大きな胸ビレをピンと張って、黄色い尾びれを振りながら、砂浜の波打ち際や河口のごく浅場を群れゆく幼魚たちのかわいらしさは、人気者の多い南の海でもアイドル性において際立っている。「オニ」といういかつい和名が、この幼魚の可憐な姿と実にミスマッチで笑みを誘うのも好感度が高い。

淡水の小型熱帯魚の知識のある人なら、バタフライレインボーを始めとするプセウドムギル属のレインボーフィッシュに似ている、とすぐに思うだろう。実際、レインボーフィッシュたちは「トウゴロウイワシの仲間で、…系統的には海産魚のグループでありながら、固有淡水魚の貧層な淡水に侵入して生態的地位を確立した魚*」で、ボラとの間には類縁関係がある。はるか昔に歩みを違えたであろう魚たちが、それぞれ進化に進化を重ねてなおこの愛らしい雰囲気を手放さなかった。そしてそれが今、こうして人々に愛されている。
-----------------------------
*カラーポケットガイド『熱帯魚図鑑』松坂実・他著、マリン企画、1986年。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜

2017年06月23日

ミナミクロダイ Acanthopagrus sivicolus

Acanthopagrus_sivicolus

父親と毎週末の釣りに熱中していた小学生の頃、チヌ=クロダイといえば堤防釣り師たちの憧れの的だった。好奇心旺盛で悪食なのに、その反面用心深くて賢くて繊細。しかもそれが「魚の王様」たるマダイの親戚筋とくれば、この野趣あふれるいぶし銀の魚体との駆け引きに熟練の釣り師たちが熱中するのも当然のことだ。大きなタモ網を担いで、太鼓リールをつけた落とし込みの竿でただひたすら丹念に岸壁沿いを探って行くチヌ釣り師の姿は、一段上の釣りに挑む求道者のように見えていた。

そんなチヌが今ではルアー釣りの一大対象魚になっている。最初は信じられなかった。あの熟練釣り師たちが餌を沈めるスピードにまで気をつかって繊細に駆け引きしていたチヌが、魚の形したオモチャに食いついてしまうとは!けれども能登の海でルアー釣りをされているTさんが、よくtwitterで立派なチヌの写真をアップされているの見ては信じるほかなかった。

そして石垣島でルアー釣りを始めて1年足らず、僕もとうとうチヌを手にすることができた。内地のクロダイの近縁種、ミナミクロダイ。石垣の釣り名人Oさんが「あそこはチヌがいますよ」と教えてくださったポイントで、それでもやっぱり堤防のチヌの難しい印象が抜けずに「おれじゃ釣れないだろうな…」と思いながら投げていたルアーに食いついた。その後しばらくはルアーを投げるたびに大きな魚体が次々争って飛びつく音が海面に響くほどで、この魚にこんな積極的で獰猛な一面があったのかと驚くばかりだった。そして僕の堤防のチヌ釣りへの認識も少し改まった。賢くて繊細な魚との駆け引きはもちろん面白いだろうけれど、それだけじゃない。どこかでスイッチが入った時のこの荒々しさを知っているからこそ、チヌ師たちはあの繊細な釣りに湛えられた緊張感へと惹きこまれていくのに違いない。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜

2017年06月16日

マガキ Crassostrea gigas

Crassostrea_gigas

岡山は牡蠣の一大産地だ。とりわけ日生(ひなせ)と寄島(よりしま)の2か所が有名で、2014年の秋に訪れた日生では駅を出ると道の両側に次々と「カキオコ」(牡蠣たっぷりお好み焼き)ののぼりが立ち、港には牡蠣を扱う市が立って賑わっていた。揚げたてカキフライ7個入りを頬張りながら釣れない釣りをしていると、背後の水産加工場から白い作業着のおじさんが出てきて「これでやってごらん」と牡蠣の剥き身をくれた。これで?と半信半疑のまま餌を付けかえて仕掛けを沈めると、間もなく立派なセイゴが釣れた。ここでは魚も牡蠣を好むのか、ととても印象的だった。

そんな岡山の妻の実家に帰省すると、お母さんがいつも並べてくれるご馳走の中に決まってラインナップされるのがカキフライだった。ひと粒はそれほど大きいわけではなく、その分ぎゅっと滋味が詰まっている。なにしろどれだけ行儀よくしようとしてもつい箸が迷ってしまうほどのご馳走づくめだから、ひと口ふた口でパクンと食べてしまえるサイズがちょうどいい。しかも「カキフライには醤油」というのが妻の実家の風だから、ドスンと重いタルタルソースと違って質実に牡蠣の味が引き出されて食べ飽きない。それで皆ついつい食べのぼって、山盛りだったはずの大皿は空になるか、遠慮混じりの二、三粒を残すのみになってしまう。

おかげで僕もすっかり「カキフライには醤油」派になった。揚げたてを箸につまみ上げ、ひらりと手首をかえすとブレーンバスターのように頭から醤油の小皿に押し付ける。小皿の底に頭がコツンと触れると同時にパン粉が醤油を吸い上げ、逆に醤油の水面にはフライから滲んだ油のマーブル模様が浮かぶ。その様子を思い浮かべるだけで、醤油に引き立てられた牡蠣の苦み混じりの味わいが舌の上に蘇ってくるようだ。今年も季節になったら機会のあるごとにカキフライを食べようと思う、もちろん醤油で。


 
posted by uonofu at 18:00| Comment(0) | 魚の譜